つれづれに日々を思い、日々を語る。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のハマりもの。

8月2週目から始まった3週間の司書教諭講座も何とか乗り越え、明日から職場復帰と相成りました。お盆時期も含む週4日は某大学に缶詰状態で9:00~16:30までひたすら講義講義講義講g(ry 途中で体調を崩して(久々の腹痛ボルケーノに突如襲撃を受けた)休んだり、4日間1セットの講義が終わって休む間もなく次の日に出張に行ったり…。とにかく盆休みは無いに等しい状態でした。昨日今日と久々に職場に行って職員の動静表を見たら、
                  (お 盆 時 期)
       月火水木金土日月火水木金土日月火水木金土日
ウタ 午前 特出出出出   出出出出出   出出出出
    午後 特出出出出   出出出出出   出出出出
他人 午前 勤勤勤年年   特特特年年   勤勤勤勤勤
    午後 勤勤勤年年   特特特年年   勤勤勤勤勤
※「勤」=出勤、「年」=年休(有休)、「特」=特別休暇、「出」=出張

こんな状態。正味有り得ません。昨日部活に行ったらもう一人の顧問に「動静表見たらすごいことになってた」と言われた意味がわかりました。自分でも驚愕の表な訳ですから、他人が見たら当然目を剥くわな。

そんな風に慌しく過ごした8月でしたが、その間娯楽が無かったかと言われればそうでもないのです。司書教諭講座に行っている3週間で暇な時間は全てあるDVDの視聴時間に費やされていました。それは…
宮廷女官 チャングムの誓い VOL.1 宮廷女官 チャングムの誓い VOL.1
イ・ヨンエ、チ・ジニ 他 (2005/04/21)
NHKエンタープライズ
この商品の詳細を見る
すいません。今更ですが「チャングムの誓い」にハマりました…(;´∀`)
元はといえば母親が前からハマっていて、NHK-BS2で毎週金曜に放送している完全版を食卓でいつも見させられる羽目になっていました。初めのうちは「毎週こんなもん見させられて('A`)」と思っていた私も、毎週見ているうちに話の流れも少しずつ掴めてきて、その挙句何だかんだで放送を心待ちにするようになりました。で、お盆前の放送を見た後、盆時期の番組改編で1週休みということがわかり、続きが気になって気になって気になって仕方なかった私はついにDVDをレンタルしてしまったのです。放送分で見た続きから物語の最後まで8枚。1枚につき1時間前後の話が3本入っています。3本×8枚=24話分。時間にして25時間。やりすぎです。18:00に帰宅したらそこからエンドレスでDVDを垂れ流し、朝の4:00までひたすら見る。(当然ですが司書教諭講座期間です。朝は7:00起き)4日程で借りた分は見終わりました。正気の沙汰ではありません。ハマると私の収集癖がむくむくと沸き起こり、1ヶ月に2つ、3ヶ月でコンプリートをする計画でDVD-BOXを買うことにしました。今、部屋には1・2が並んでいます。来月は3・4を買います。女官時代の佳境です。早く来月の給料日にならないかなー((o(´∀`)o))ワクワク
何が面白いって、まずはヒロイン・チャングムの相手役であるミン・ジョンホです。彼の行動については突っ込みどころが満載でした。タキシード仮面様を彷彿としました。マキさんが「キモい!キモくてカッコイイ!」と相反する意見を述べつつ某眼鏡キャラにハマっていた時、何故そんな考え方が出来るのかと疑問に思っていましたが今ではその気持ちがよくわかります。でもマキさんが見たら王様にハマるんだろうな…。

そんなわけで、チャングムブーム到来。韓流にハマっている訳ではなく、チャングムのみ。まだNHKの放送が最終回に程遠いので、暫くはこのブームが続きそうです。そのうち目上の人への返事で「イェー、ママニム(「かしこまりました、○○様」的な意味)」とか言い出し兼ねない自分がいます。是非見たことのない方は一度見てみてください。

ついでに。
小説では乙一ブームが到来していますが、読書嫌いの私には珍しく今夏だけで5冊読破しました。今は6冊目です。ストックはまだまだあるのでちまちま読みたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

淡路島一泊旅行。

18日~19日にかけて、去年まで職場にいて仲の良かった同僚2人と1泊旅行に行ってきました。
はじめは「四国に行って讃岐うどん食べよう!」と意気込んでいたのですが、いまいち良いツアー案も浮かばず。母親に「それなら淡路島とかどう?」と薦められたのでそちらへ行くことになりました。まぁ四国も目と鼻の先なんですが。癒しのぶらり旅にするべく、適当に宿を取って行き当たりばったりの観光をしてきました。

と、いうことで恒例の旅行記をば。


▼18日(土)
2人を車に乗せて、9:00過ぎに京都駅を出発。ナビに宿泊するホテルを登録して、言われるがままに高速道路をひた走ります。MONKEY MAJIKを聴きつつテンション上がりまくりの車内。事前に買っておいた淡路島の旅本を片手にしたAちゃんが助手席、後部座席にはお菓子係のTちゃん。正直な所、「淡路島」「ホテルの場所」以外は全く何も決めていなかったので、車内で旅本を参考に行程を決めました。
まずはAちゃんが薦められたという、神戸淡路鳴門自動車道の淡路SAに寄ろう!ということになりました。淡路SAは明石海峡大橋の眺望が素晴らしく、綺麗に整備されたSAということで期待が高まります。
お盆時期なので心配していたのですが、大きな渋滞もなく2時間程度で明石海峡大橋へ。かの有名な『雪国』ではありませんが、「トンネルを抜けるとそこは橋だった」という言葉が一番しっくり来ます。本当にトンネルを抜けたらどーんと橋が見えて3人ともテンションMAXです。車内騒然。
橋を渡って少し行ったところに淡路SAがあったので、下りのSAへ。早くもお土産購入に勤しむ3人。お昼代わりに明石焼を食べてから展望台へ。
awaji.jpg
世界最長の吊り橋と名高い明石海峡大橋。車で走った時も興奮しましたが、実際遠目に見てみると何であんな長い橋が2本の主塔とケーブルだけで吊られているのか不思議です。よく落ちないものだ…。日本の技術は世界いちぃぃぃぃぃぃ!
展望台でさらにテンションが上がった私たちは、調子に乗って大観覧車に乗りました。私は基本的に高い所にゆっくり上がっていく上に微妙に揺れる乗り物(例:観覧車、タワーとかそういう系)は苦手なのですが、テンションMAXだったのでそんなことも忘れて乗り込みました。乗ってから後悔しました。反省はしてません。でも眺めは最高でした。
淡路SAを出た後、うちの母にも薦められたイングランドの丘へ。グリーンヒルエリアでは動物ふれあい広場があったのですが、酷暑の所為でウサギもカメもミニブタも日陰に隠れてじっとしています。哀れに思えたのはプレーリードッグです。2匹が並んで寝そべっていたのですが、行き倒れてるようにしか見えませんでした。「呼びかけたら返事をします!」と貼り紙のされていた九官鳥に至っては呆けたように口を開けて中空を見つめています。瞳孔開いてんじゃないかと思いました。その後、ペリカンやらワラビーやらコアラやらを見てイングランドエリアへ。3人乗りのアヒルボートに乗って年甲斐もなく家族連れの漕ぐアヒルボートを煽ったり、日陰を求めて木の下にボートごと突っ込んだら枝にアヒルちゃんの顔が激突して物凄い破壊音をさせてみたり。運良く壊れなかったから良かったものの、割と焦りました。炎天下の中、必死で漕ぎ過ぎて玉のような汗が噴き出す始末。旅の恥は掻き捨てです。
あまりにもアヒルボートで疲れたので、「先にホテルへ向かおう」ということになり、一路ホテルへ。ちょっと高かったですが、朝食&露天風呂つきの和室でした。改装されて間もないので部屋は小綺麗でしたが、ちょっとカビくさかったこと以外は概ね満足。荷物を置いて暫く休んだ後、旅本で見つけた割烹でリッチに夕食を食べるべく再度車で市街地へ繰り出しました。運転手である私はお酒を飲めないので、食後に近所の大型スーパーでお酒を買い込んでホテルへ。部屋のプライベート露店風呂もいいけど、まずは大浴場から…ということでお風呂に入り、まったりしてから酒盛りと相成りました。それなのに、食事の時から飲んでた2人は1杯引っ掛けたら早々と寝てしまい、折角買ってきた瓶の梅酒も開封することなく夜中2:00に就寝しました。

▼19日(日)
6:30に起床。Aちゃんは朝と夜とで男風呂と女風呂が入れ替わる大浴場へ。私とTちゃんは勿体無いので部屋の露天で朝風呂をしました。朝食後に出発準備をしながら本日の行程を相談した結果、「鳴門の渦潮が見たい」という結論になり、一路鳴門へ向かいました。
だがしかし!ここでアクシデント発生。
高速に乗る前、渋滞情報を見たら「洲本ICから事故の為、下り線1km渋滞」とのこと。まぁ1kmくらいなら何とかなるか…と言いながらICへ通じる右折信号を待っていた時でした。対向車線から猛スピードで走ってきた救急車が、私たちの行こうとする洲本ICから徳島方面へと入っていきます。「大きい事故やったんかなー?」とか言いつつ安穏と高速に入った訳ですが、渋滞箇所に来ると完全に流れが止まってしまいました。そこから高速の上で立ち往生…。見る見るうちに後続車も渋滞に巻き込まれ、長い列を成しています。そうこうしているうちに、聞こえるサイレンの音。2車線の中央を空けると、後ろから救急車が1台。暫くしたらもう1台。それから消防車が1台。またもや救急車が2台。次に消防車が2台。救急車が(略)…気付けば1時間のうちにどえらい数の緊急車両が横を通り過ぎていきました。思わず車から降りて様子を見に行く人も時間が経つにつれて増えていきます。漸く動き出したのは1時間後。事故車両の横を通り過ぎる時に見た所、ワゴンが横転して後ろ側がひしゃげていました。家に帰ってから聞いた話では、3人が亡くなるというかなり大きな事故だったようです。亡くなられた方のご冥福をお祈りします…。
いよいよ鳴門市へ。大鳴門橋という吊り橋を渡り、旅本で調べた通りに渦潮を見ることが出来る観潮船の乗り場へ向かいます。行ってみたものの、渦潮の見られる時間ではないことがわかり、時間帯に合わせた予約をとってから昼ご飯を食べに再度出発。単純に鳴門市街地へ行くつもりだったのに、ナビの地図を見間違えてドライブウェイの方へ行ってしまいました…。鳴門スカイラインと呼ばれる一般道なのですが、くねくねの峠道に加えて9~10%勾配のあんな坂こんな坂。まるでジェットコースターです。展望台のところで一旦車を停めて景色を堪能し、ぐるりと回って当初目的の鳴門市街地へ。昼ご飯には適当にナビやら携帯やらで探したお店でうどんを食べました。
少し時間に余裕があったので、観潮船乗り場にも近い鳴門公園に向かいました。大鳴門橋の下は「渦の道」と呼ばれる遊歩道になっていて、所々に設置された休憩所ではガラス張りになった床から45m下の渦潮発生海域を覗くことができます。はしゃぐTちゃん。腰の引けるAちゃん。高さと真上に走っている高速道路から伝わる揺れで足が竦んで前に進むことすらままならない私。まさに三者三様です。だから高い所と微妙な揺れは苦手だと(ry
予約の時間が来たので「渦の道」を後にして、乗り場へと急ぎます。私たちが乗った船は水中からも渦潮を見ることが出来る全席指定の小型船で、ウキウキしながら乗り込みました。海峡に差し掛かると、うねる水流が渦を作っています。わーわー言いながら見ていましたが、ずっと水中の渦を見ていると流石に酔いそうになってきたので甲板の上へ。テンションが上がりまくって意味不明の言葉を連発している様子は、追記に動画をつけてあるので見たい人はどうぞ。
興奮冷めやらぬ中、お土産を買い込んで帰路につきました。微妙に混んでましたが2時間半で鳴門から京都へ。

一言で言えば、鳴門最高!でした。(淡路島はどうしたよお前)

続きを読む »

テーマ:日記 - ジャンル:日記

おんがく。

SHも新たにシングルを発売したところで、最近の音楽生活について考察してみたいと思います。

Sound Horizon
本当に今更な話ですが、SHがフィーバー中です。最近のヘビーローテーションは「聖戦のイベリア」3曲。案の定「石畳の緋き悪魔」がお気に入りです。私の音楽の好みを知ってる人なら「だと思った」と言われること請け合いです。
他のお気に入りを挙げると、「黒の預言書」「沈んだ歌姫」「白の幻影」「恋人を射ち堕とした日」「緋色の花」「...Reloaded」「檻の中の花」「澪音の世界」「エルの楽園-Side→E」「Yield」「エルの天秤」「終端の王と異世界の騎士」「朝と夜の物語」「焔」「星屑の革紐」「黄昏の賢者」かなぁ。1期も2期もどちらも好きです。歌いやすいのは2期・KAORIのボーカル曲ですね。柔らかい声は出せません。昔からリンドバーグやドリカムや天野月子やらでかっ飛ばして歌ってたのでシャウト系の声の方が歌いやすい…。とはいえ今は嗄れてしまって全然出ませんが('A`)
世界観で言うならどの地平が好きかと言うと、『歴史』。『喪失』も好きだなぁ。曲的にも好きなものが多いし。内容を考察してみたりもするけどCLAMP並に物語のリンクが多すぎて短絡的な私の脳内では処理しきれませんorz
当然ながら応援してるので応援バナーとかはってみる。


MONKEY MAJIK
割といいなぁ、と思いながら手を出すに出せなかったMONKEY MAJIK。先日CD屋で最近出たアルバムを見かけて、何となく買ってみました。津軽三味線で有名な吉田兄弟とのコラボ曲「Change」が最高に気に入りました。こういう曲調弱いんだ…!アルバムのタイトル曲でもある「空はまるで」ももちろん好きです。むしろこの曲に惹かれて買ったようなもんだし。完全にハマってしまえば、収集癖がむくむくと沸いてくるので既存のアルバムも買うかもしれません。とりあえず今は「Change」がヘビーローテ。

天野月子
3000枚限定プレスということで、『限定』という言葉に弱い私はしっかり予約して買ってしまいました。タイトルは「ウマ・サーモン」。何ちゅう名付けだ(;´Д`)前のアルバムは天野月子を英語読みにしただけだったし…。感性がすごいな、と。
シングルのカップリング曲をアレンジしたもので、どっちかというとロックが色濃く出てる感じです。が、新曲「白い華~White Garden~」が入っていてこれが一番のお気に入りだったり。

ケツメイシ
車のHDDナビにデータを入れて聴いているのですが、あまりにも取り込んでいる曲がマニアック過ぎて弟に「普通の曲も入れろ」と言われてしまいました。どうせなら…と好きなアーティストの歌を入れておきたいと思って、弟の持ってたケツメのCD3枚を入れてみました。ケツメはやっぱり「トモダチ」が良いですね。来年持ち上がれたら絶対に卒業式前に見せる思い出映像とか作って、BGMで流したいです。「君にBUMP」とか「ケツメの作り方」とか「ア・セッション・プリーズ」とかも好きで、車の中ではお気に入り登録してるので繰り返し流れています。わりと古い曲の方が好きかも。

あとは相変わらず霜月はるかとか志方あきことか、エスノが多いです。何度聴いても飽きません。



文庫本の『GOTH』2冊は漸く読破しました。今は乙一のデビュー作『夏と花火と私の死体』を読んでいます。小説を読まない私にしては異例の速さで読み進めています。これを期にミステリ小説ブームが来てくれればいいなぁ、と。司書教諭の免許を取る為、今年から来年にかけてヒーヒー言いながら講座に行くくせに、小説の一つも読まないのではさすがに駄目かなぁ、と。

明日は教職2年目の研修があるので司書教諭講座は一旦お休み。来週と再来週も丸々講座で潰れます。だるいけど、何かに取り組んでないと得てして自堕落の生活になってしまうので、自分に課した試練だと思って頑張ります。

鍼すげぇ。

前回の日記から3日経ちました。引き続き鍼灸院に通っています。今日で3回目。そろそろお灸の熱さにも慣れてきました。しかし鍼はすごいです。効き目には個人差があるようですが私はかなり効く方なようで、普通にしていれば痛みはほとんど出てこなくなりました。キーボードを打ったり文字を書いたりすると微妙に右肩は痛みますが、その程度まで回復したとも言えます。前は何もしてない状態でズキズキと右肩から右上腕にかけて痛みが酷かったのが、少し負担をかけた時にしか感じない程度に…。鍼すごい。びっくりです。何でもっと前から通わなかったんだろう…。←痛そうだったからビビってただけ。

今日は特別休暇の最後の1日をとっていて休みでした。鍼灸→本屋巡りの末、最後に行った古本屋で漸く「獣王星」のDVDの続き(2~4巻)を見つけたので、大人買いしてしまいました。
獣王星 VOL.1 初回限定版 獣王星 VOL.1 初回限定版
吉田玲子、高山みなみ 他 (2006/07/28)
角川エンタテインメント

この商品の詳細を見る
うだうだと3巻の途中まで見ましたが、やっぱ好きだこの漫画。ただ、中学から読んでた漫画だったのでどうにも主人公の声=堂本光一というのがしっくり来ません。役者の割には声の出し方は声優的で上手い方だとは思いますが、キャラと合ってないというか…可もなく不可もなく、といったところです。

この夏は、「いい加減国語教師らしく本をたくさん読んでみようキャンペーン」を自分の中で実施しています。職場の図書室に入っていた乙一の文庫本版『GOTH』を2冊借りてぼちぼち読んでいましたが、割と面白くて久々に小説にハマりました。
GOTH―リストカット事件 GOTH―リストカット事件
乙一 (2002/07)
角川書店

この商品の詳細を見る
「NHKへようこそ!」の漫画を書いている大岩ケンヂさんが漫画化しているので、どんな風に漫画化されているのかが気になって古本屋でついでに購入。漫画版のあとがきで原作者本人が「妖怪の類にさらわれるお姫様を主人公がこっそり助ける…その妖怪を猟奇的犯罪者に変えただけ」といった内容のことを書いていました。思わず吹いた。妖怪が犯罪者に変わっただけでファンタジーからミステリに変わるんだなぁ。ちなみに、この作品は本格ミステリ大賞を受賞したらしいです。
ミステリは「推理する」という能のない私としては苦手ジャンルでしたが、読み進めていると「おお!なんと!!」「うぉ、まさか!」と驚きの連続でぐっと引き込まれました。乙一作品を2冊ほど買ってきたので、明日から始まる3週間に亘る司書教諭講座の空き時間にでも読んでみようと思います。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

肩が…

恐ろしく痛いです。去年苦しんだ頸椎椎間板症から来てるものだとは思うのですが、東下り中の4日間はずっと痛くて、マキさんにも心配を掛けていました。
昨日はあまりにも痛くて何もやる気にならず、前日夜に弟から「鍼行った方がいいぞ、肩こりっていうか神経痛と違うか?」と言われていたこともあって、去年腕が上がらなくなった時に紹介してもらった鍼灸院に行くことにしました。
人生初の鍼灸治療だったわけですが、思いの外あっさりと緊張もせず臨めました。先生曰く、筋肉の表面ではなく層になってる内側の方がこってる、だそうで。「よくもまぁここまでこってるのに我慢出来ていましたね(;´д`)」と呆れたように言われてしまいました。相当奥が凝り固まっているようで。
今日も出張の後に行ってきたのですが、果たして効果があるのか…未だに未知数です。去年は酷くなりすぎて右腕が痺れて動かなくなったこともあったので、さすがにそれは避けたい…。
保険きかないので治療費もそこそこ高いですが、腕が動かないよりはマシだと思って通院しようと思います。次は月曜日の午前中…。少しでも緩和できればいいなぁ。

帰宅後、母に鍼灸に通っている話をしたところ、「お祖母ちゃんと一緒やん」と笑われてしまいました。まさかこの歳でお灸すえてもらうことになるとは自分でも思いませんでしたとも…。頸椎の歪みの所為で神経やられてるから仕方ないっちゃ仕方ないんですが。

○| ̄|_ トホホ

旅行記。

京都に帰ってきました。
明日から連荘で研修や出張が入るので即現実に引き戻されますが、その為の英気は十分養えた旅行でした。それではオフレポも兼ねて旅行記をば。



28日(土)

12時過ぎに東京駅到着。一路浅草へと向かいます。思えばマキさんとの付き合いも6年目に突入し、昔は「山手線どこーーーー?!(;゚Д゚)」だった私も、今では迷うことなく東京駅の構内を歩き回れるようになりました。銀座線に乗ってぶらり電車旅。浅草に着くと、外はかんかん照り。湿気が多くてジメジメしていました。
当日は隅田川の花火大会で、歩きで20分ほどかかるマキさん宅への道程は浴衣姿のカップルやら老夫婦やら外国人やらテキ屋やらで賑わっています。京都市内には大きな花火大会がないし、以前福知山の花火大会を見た時も河川敷まで行かずに勤めていた学校の裏手(これがなかなかの観覧ポイント)から見ていたので、所謂花火を真下から見られるような近い場所がどういう感じなのかは全く想像がついていませんでした。
この人出を見れば、行く前にマキさんと連絡をとった際、夕方頃に着く新幹線に乗るという私を彼女が「おまえ死ぬ気か?」と斬って捨てたのもわかる気がします。
うっかりタオルをポーチに入れ忘れていて噴き出す汗を止められず、マキさん宅に到着した頃には玉の様な汗が鼻の上と鼻の下に溜まりまくり、腕からは玉の様な汗が噴き出していました。日焼け止め塗りたくっておいて良かったと心から思った瞬間でした。
この日の予定は、マキさんのおうちが経営しているお店で花火大会のお客さんにお持ち帰り用のお好み焼きを売ること。基本的に接客慣れしていない私は、戦々恐々としつつお店の前に立ちました。開始の時間が近付くに従って人出も増え、マキさん含むお店の3人はフル回転でお好み焼きを焼き、私はひたすら売りまくる状況が1時間ばかり続いたと思います。花火が始まってから人通りも収まり、住宅の間から見える花火を少しだけ見ました。いや、うん。ホント久しぶりに見たけどでっかい花火ってすごいね。皆が暑いし人も多いのに浴衣着てわざわざ見に行く意味がわかったよ。
花火が終わるとお手伝いも終わり、美味しくお好み焼きを頂いて帰宅。翌日はプチオフだったので、マキさんが仕事をしている中できさくにグースカ眠らせてもらいました。


29日(日)

フリフを始めてから2年来の付き合いのジャコーさんに会うべく、前々から会おうね!という約束をしていたのですが、やっと実現できることになりました。それがこの日、29日でした。

参加者:私、ジャコーさん、オシブさん、オウカ姉さま
皆フリフでお世話になった方々ばかりです。

11:30に渋谷ハチ公さんの前で待ち合わせということで、寝ているマキさんの横で準備をしてからマキさん宅を出て、20分の道程を歩き出した途中に思い出したのです。

(;゚д゚)アッ… またタオル忘れた…。

慌てて浅草駅の百貨店でタオルを購入。そのお陰で電車に乗るのが少し遅れ、到着時刻も併せて遅れることに…。その節はご迷惑をお掛けしましたorz
到着すると、ジャコーさん・オシブさんがハチ公前に居るというので電話で連絡を取り合いつつ合流。ジャコーさんはウェブカメラで映像通話もしたこともあったのですが、えらく髪の毛がすっきり短くなって爽やかになっておられました。オシブさんは可愛かった、ぜ…(*´Д`)ハァハァ
その後、姉さまも到着して電話しつつ合流。皆の感想は「『姉さま』じゃないじゃん!普通に『兄さん』じゃん!」でした。フリフでの姉さまを感じさせない落ち着いた兄さんです。
適当に調べておいたお店で、良さげな感じの所を選んでランチ。ぶっちゃけトークをしながらご飯を食べていた訳ですが、基本的に物静かな大人の会でした。そんな中、鬱陶しいくらい喋りまくる女が一人。誰とは言いません。ええ、誰とは言いませんが。(お前だ)
その後、ケーキを食べに行ったりゲーセンで遊んだりしながら姉さまの海外生活のあんなことやこんなことを聞いたり、ジャーさんやオシブさんの仕事や学業の話なんかで盛り上がりつつ、姉さまとは16時頃にお別れ。曰く、「勉強しなきゃ」だそうで。受験生は大変だのう…。ジャーさんとオシブさんとはその後1時間程お茶をしてお別れしました。ケーキ屋に居る辺りで雷が鳴り響き、どえらい大雨に見舞われ大変でした。多分隅田川の花火が雨雲を呼んだのでしょう。(大きな音を立てると雨が降るらしいです)帰りはマキさん宅へタクシーで⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーンして、お犬様のお散歩やマキさんの投票に付き合ってこの日は終了。夜中にずーっと映画「学校の怪談」シリーズのDVDを見せてもらって、泣いたりビビったり突っ込んだりしてました。


30日(月)

この日は昼過ぎにのそのそ起き出して、マキさんのご両親にお寿司を食べに連れて行って頂きました。前にも一度連れて行ってもらったことのあるお店だったんですが、これがまた美味い!良いネタが有り得ないくらい安い値段で食べられるこのお店。胃から逆流してきそうなほど食べさせて頂きました。
その後、カロリーを消費するべくマキさんとカラオケへ。2月に行ってから一度もカラオケには足を踏み入れていなかったので、声が出ない現状はさておき、とにかく楽しみにしていました。履歴が「SoundHorizon」で埋め尽くされる程SHしか歌っていない自分に失笑。聞き溜めるばっかりで歌ったことのなかったものばかりで、とりあえずRomanは曲順通りに1曲を除いて全て歌いきりました。それなーのにー、それなのーに!(黒の預言書がわかる人は是非音楽付きで読んで下さい)この期に及んで台詞を覚えてなかった自分にたいそう打ちひしがれました…。
カラオケを出て、近所の百貨店に入ってショッピング。マキさんに誕生日プレゼントを買ったらその時点で閉店時間を過ぎていたらしく、店員のお姉さんの優しい対応に二人でメロメロになりながら、マキさんのお店へと向かいました。しばらくお店で過ごしているとまたもや雷を伴う大雨…orz タクシーで帰ろうと大通りまで濡れながら出たものの、なかなか空車のタクシーが通らずにマキさんはシャワーを浴びたように濡れていました。え?私は何してたのかって?普通に雨宿りしてました。だって濡れるのヤだもん。(こいつ最悪だ)
帰宅後、本日は「学校の怪談」の続きと「ドラえもんDay」ということで怪談3・4と映画ドラちゃんのDVDを見ていたのですが、気が付いたら寝てました。(お前という奴は…)


31日(火)

ん?何してたかって?

二人してひたすら寝てた。

いや、マキさんは仕方ない。いろいろ仕事があるから早朝まで起きていたから寝ていても仕方ないと思う。だがしかし。私だ私。3時頃に寝入ったにも関わらず同じくらい寝てるとはどういう了見だコラーヽ(`Д´#)ノ まぁ、途中で起き出して、マキさんが微睡んでいる間に漫画読ませてもらってましたが。
お店の時間になり、のそのそ起き出して準備をしてお店へ向かいました。マキさんが仕込みをやってる横で手伝わずにTVを見る私。気付いたらマキさんがご飯を作ってくれてて気付いたら目の前に料理が出ていました。あなたどこのお嬢様ですか。帰宅の時間になり、マキさんの弟さんが運転する車で東京駅へと送ってもらいました。そして、20時過ぎの新幹線で名残を惜しみながら京都へと帰りましたとさ。めでたしめでたし。



とまぁ、長々と書きましたが本当に楽しかったです。忙しい時期に泊めてくれて相手してくれたマキさんにありがとう。美味しいご飯を食べさせてくれたマキさんのご両親や送ってくれた弟さんにありがとう。仕事や勉強で大変なのに突如呼び出した私に快く会ってくれたジャーさん・オシブさん・姉さまにありがとう。私は幸せ者ですよ…!マジ皆大好きだ!愛してる!!!

さて。明日は研修です。気持ちを切り替えて頑張るぞー。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

<<  | HOME |  >>

カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

ウタ

U-ta参加コンピ

参加させて頂いております



Twitter

日々の呟き。

ピアプロ

制作曲を公開しています。


ウタP作品集
by ウタP(U-ta)

Tales Weaver

珠玉のBGMから今日の1曲

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。