つれづれに日々を思い、日々を語る。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩田光央ぼー?!ツアー。

伊勢旅行から帰ってきました。速報でもお伝えした通りのはしゃぎっぷりでしたが、あんなオチが待っているとは思いもよりませんでした、よ…!

ということで、恒例の旅行レポートです。写真ばっかりなので追記から( ゚д゚)ノ ドゾー
※写真は岩田さんのご厚意で撮らせて頂いています。無断転載を禁じます。


▼1日目

前日、出張を終えた私は同僚と飲み会を予定していたので、一旦家に帰って四条へ。店を2軒梯子して、帰宅したのが2:00前でした。旅行の準備は何も出来ていませんでしたが、「まぁ9:30の新幹線に乗るなら、8:00前に起きて準備すればいいかー。」と安直に考え、お風呂に入って就寝。次の日気付いたら、時計が指している時間は8:30。

( ゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ

もう1回時計を見てみる。やっぱり8:30。

(  Д ) ゚ ゚

やべぇ遅刻すrあqswでfrtgyふじこlp;@

速攻で飛び起きて、母親に「何でもっと早く起きなかったんだ」と小言を言われながらも必死で準備をしました。家を出たのが9:20。しかも腕時計を忘れて(職業病みたいなモノで、付けていないと不安なので)途中で引き返す羽目に。必死で歩いて、途中で見つけたタクシーに飛び乗り「超特急で京都駅まで!!!!(;´Д`)」と息を切らしながら運転手さんに脅しをかけお願いしました。
車中で新幹線の到着時刻を調べ、何とかギリギリ間に合う9:46発の新幹線に滑り込みで乗車しました。この時ばかりはタクシーの運転手さんに激烈感謝しました、よ…!自由席で息を整えつつ、名古屋駅への到着を待ちます。

10:30集合で10:23名古屋駅着。マジでギリギリです。まるで自分の人生を垣間見ているようです。幸いなことに集合場所が新幹線改札を出てすぐの場所だったので、多少迷いつつ何とか集合時間には現地に居ました。
JTBの添乗員さんに受付を済まし、説明を受けます。私は1人参加の4人部屋だったので、まるで知らない方の名前を「この方たちと同部屋です」と挙げられてもさっぱり覚えられず、とりあえず2号車に乗るということだけを記憶。2号車のバスガイドさんについてバスへと向かいます。
話す相手もいないのでバスガイドさんに天候の話などを振りつつ、バスの前に到着。兎に角このガイドさんが可愛いの何の!!!!19歳でバスガイドになって1年目というフレッシュなこの方は、最後の最後まで笑わせて下さいました。もうおばさんはメロメロです。可愛すぎです。惚れます。ていうか惚れました。(ぇ

バスの前では、他の参加者で2号車乗車の方々が既にグループになっていて、1人参加と思しき3人の方々が近くにおられたのでその方たちと少し話をしていたところ、偶然にもその3人と同部屋だったらしく運命を感じましたw 同部屋の方かどうかがわかる直前にバスの座席を決める為の抽選があったのですが、名前を呼ばれたので何も考えずくじを引いたら「2」の文字。勝手に引いてしまったのですが、後でその3人と同部屋だとわかり安心しました。でも勝手に引いちゃってごめんねorz
2番目に座席を選べるということで、とりあえず前の方、スタッフ席から2つ後ろの席を陣取りました。適当に座って出発を待っていると、ついに岩田さん登場。まずは1号車に乗車されるらしく、挨拶を終えた彼は移動されました。ちなみに、ツアーらしくバスの正面にはツアー札が。
バス札

バス内で岩田トークに花を咲かせつつ、ガイドさんの可愛さにメロメロになりながらバスは走ります。高速の亀山SAで休憩。寒空の下、煙草を吸いに喫煙所にいると、ヘビースモーカーの岩田さんが予想通り喫煙所に来られました。ファーストコンタクトですが、私はと言えば全く緊張感の欠片も無く「絶対来ると思ったwwww」などと声を掛ける始末。10年前に参加していたイベントの話をすると、「ああ、あったなぁ!マジかー!」と快く話を聞いて下さり、「ツアーの存在は知っていたんですが、今回が初参加なんですよー」との言葉に「ありがとなー来てくれて!」と笑顔を返して下さいました。あーもーマジ岩田カコ(・∀・)イイ!!たまんねー!!!

バスに乗り込むと、今度は2号車に岩田さんが搭乗。
バス内
毎回恒例だという、噂に聞いた自己紹介が始まりました。ラジオのハガキ職人(今はもうメール職人ですか?)の方や、イベントで岩田さんとは何度もお会いしているらしい方が居る中、どうやら初参加の方が1号車に比べてとても多かったらしくそれこそフレッシュな自己紹介だったのではないかと思います。私はというと、「兎に角インパクトを!」と心に決めていたので惜しげもなく職業を暴露。「ウタ先生と呼んで下さい」←先生と呼べなど…何と偉そうな!でもそのおかげか、ツアー中岩田さんからは「先生」と呼ばれること多数でした。

そうこうしているうちに昼食場所に到着。昼食は松阪で牛鍋です。
牛鍋
朝から何も食べていない私は、お前は牛か!共食いか!!という勢いで完食。気付けば外は暴風が吹き荒れ寒波が怒涛のように押し寄せています。そんな中、一路伊勢神宮(内宮)へ。

伊勢神宮に着くと、記念写真撮影ということで修学旅行よろしく号車ごとに雛壇に並んで撮影。私はカメラから向かって岩田さんの左後ろ辺りの位置を陣取りましたが、よく見てみればカメラの真正面です。

「ヤバい!カメラのド真ん中や!魂抜かれる!!
「魂抜かれるとか、いつの時代の人間だよ!」
「(笑)」

はい、ひと笑い取りました。関西人、これで十分満足です。(ぇ

ガイドさんの案内で手水から、石段を上って「皇大神宮」へ。
神宮01
賽銭入れの向こうに掛かっていた布が強風で揺れ動き、奥にあるお宮がよく見えたのですが…何ていうか、うん。ものすごく神聖な感じがした。ああ、ここに天照大神がおいでになるのだなぁと思うと、感無量でした。
その後はフリー行動ということで、同部屋の方々と一緒に他の場所へ散策に出掛けた訳ですが、バス内で配られた地図を見て絶対に行きたい!と無理を通してまでお参りしたのが「風日祈宮(かぜひのみのみや)」でした。風を祈るお宮だぜ?!風好きの私としては行かなきゃ罰が当たるわ!!
神宮02
風日祈宮
ほとんどの人は「皇大神宮」で満足するのか、奥まった場所にある「風日祈宮」にはあまり人が出入りしていなくて、喧騒を離れた場所に佇むお宮は、「皇大神宮」以上に神聖に思われました。まぁこんな強風の日にお参りしたことが間違いだったのかもしれないけどね…。(顛末は2日目に書いています)

お参りを済ませてお守りなどを買い漁った後、内宮の外に広がる商店街「おかげ横丁」方面へ。それほど時間が残っていなかったので、メンバー全員が気になったちりめん工芸のお店へ。和柄の煙草ケースを使っていたのですが、前のが古くなってボロボロだったのでこのお店で可愛いのを見つけて買い換えました。残された僅かな時間で、松阪牛コロッケを購入。バスの中でほくほくしながら食べました。めちゃくちゃ 美 味 か っ た … !(食べてばっかり)

バスに乗り込み、本日最後の行程であるホテルを目指します。バスは山手方面へ進み、「合歓の郷」という総合レジャー施設(?)っぽい場所へ。本日の宿泊はこの中にある「エクシード合歓の郷」です。
ホテル
なかなか綺麗なホテルで、私の泊まる4人部屋(259)は広くて和洋室、お風呂は何とセパレート。設備も上々です。立食パーティーにはまだ間があったので、煙草を吸いに行ったり部屋の方々と連絡先交換したりしつつ適当に時間を潰してから、循環バスで数分離れた「ホテル合歓」のパーティー会場へ。

初参加が多く1人参加ばかりの私たちはステージ正面の机に陣取りました。岩田さんがステージに上がった瞬間、彼を襲うフラッシュの嵐。調子に乗ってサービス精神旺盛にポーズを取る岩田さん。
ビンゴ02
暫し写真撮りまくり。その後、食事が始まると岩田さんはそれぞれのテーブルをご飯を食べつつ巡回し、何だかんだで「私物大放出!ビンゴ大会」が始まりました。賞品は彼が撮影などで着たTシャツや、アルバムのマスタリングCD-R(超レア。欲しかった…orz)、愛用の茶器、iPodなど。
ビンゴ03
同室者で唯一参加経験があった美春さんは、実はビンゴで当たったことがないらしく、今回こそ!とバス内の自己紹介から意気込んでおられたのですが、何と我が部屋259のメンバーは全員がビンゴとなり、賞品をゲットしました。私はというと、岩田さん出演の舞台演劇「佐久インターチェンジ」のグッズで日本手拭いでした。ぶっちゃけ「剣道で面手拭いとして使える…!」とか思いましたが、折角なのでお部屋訪問の時にサイン入れてもらうことにしました。でも、直前まで悩んでたのも確かです。(ファンとしてどうかと)

部屋に戻ると、立食パーティーで掲示されたお部屋訪問の時間まで同室の響さんが持ってきたiPodのネオロマ動画を皆で楽しみつつ、ある企画を進行。実は昼に立ち寄ったちりめん工芸店で「みっちゃん」という名前入りのキティちゃんお守りを買っていました。1人参加で初対面だった259のメンバーですが、折角なので「何か記念になるものを岩田さんにプレゼントしよう!」と企画してみました。で、「このお守りに皆のメッセージを入れて渡そう」ということになり、そのメッセージを寄せ書き。
手紙
なかなかの出来映えで、岩田さんの訪問を待ちます。予定時間より少し遅れてついにお部屋訪問キタ――(゚∀゚)――!!まずは用意していたサイン用の品々に岩田さんがサインを入れて下さいました。そして、企画していたメッセージを見せて「このツアーのおかげで仲良くなれました!」と主張したところ、彼も喜んでくれて259メンバーのテンションもMAX超えです。2ショット写真タイムとなり、好きなポーズで2枚撮ってもらえるということでまずは普通にパシャっと。
お部屋01
珍しく30cmの壁を顔面にこしらえてたので何とか見られる顔(でも無理がある)で撮影。肩を抱いてもらえるわ、岩田さんを抱き締められるわでウタさん発奮状態です。で、もう1枚は…といろいろ考えたのですが、

「じゃ、じゃあ…変顔……い、猪木で!!!!!!(何だそれ)

お部屋02
快く応える岩田さん。この2人 阿 呆 す ぎ る !
むしろ抱き締め写真よりこっちの方がよく撮れてる気がするのですがorz

259メンバーそれぞれのカメラで岩田さんを囲んでの全員写真を撮ってもらい、お部屋訪問は終了しました。短時間でしたが、だからこそ過ぎ去った時間が夢のようでもあり。岩田さんから差し入れにもらった赤福を皆でつついて、夢の余韻に浸りました。
赤福
ホテル内のお風呂で汗を流し、まったりと名残を楽しみ、普段の疲れからか珍しく日付が変わった頃には眠くなり1番に就寝。(ぇ


▼2日目

7:40頃に起床。目覚ましはもちろん岩田ソングwww
朝から「ホテル合歓」の方にある温泉館に行ったみすぐさんに温泉館の感想なんかを聞きながら、準備をして朝食バイキングへ。結構な種類があって、味もなかなか美味しくてバクバク食べていました。終わりがけに岩田さんも来られ、挨拶を交わしてからチェックアウトの為に部屋へ戻って帰り支度を始めます。出発時刻にはバス前でラブリーなガイドさんと写真を撮り、バスに乗り込んでいた…の、です、が…。

ここから伝説が始まった――。

出発時刻になっても岩田さんとスタッフ、添乗員の皆さんはロビーのソファに腰掛けて動く気配無し。「隠し撮りだ!」とか言いながら岩田さんを撮りまくる。挙句、「このまま出発して置き去りにしよう!」「放置プレイはダメだ、あの人Mだから喜ぶよ!」「(大笑)」…てな具合に岩田弄りで盛り上がる車内。
しかし、あまりにも岩田さん一行が動く気配はなく、外には雪までちらついて来る始末。ただならぬ雰囲気に不安になりかけたところに、添乗員さんから連絡が入りました。

「大雪の為、高速が通行止めになっています。今、岩田さんと行程の変更を協議中です。」

エェ━━━━━( ゚Å゚;)━━━━━!!?

響さん(地元出身)が親御さんからメールで大雪との連絡が入った、とは聞いていましたが、まさか高速が通行止めとは…。ご存知の通り、日曜は全国的に大荒れの日で、例に漏れず三重もその影響を受けていました。何と…これが噂に聞いていた岩田さんの悪運の強さか…!(毎回、何かしらの天候トラブルがあるそうです)

この後、出発時間を30分弱遅らせてバスは出発。一路二見輿玉神社に向かいます。かの有名な夫婦岩と天の岩屋があるところです。行程表では展望台にも行く予定でしたが、残念ながら高速に乗れない関係で展望台はなくなり神社周辺だけを散策することに。到着したはいいのですが、バスを降りたら突風が吹き荒れ、海は大荒れ。何だこれ。昨日私が「風日祈宮」で祈ってしまったからか?!岩田さんの悪運だけの問題じゃないぞコレ!(;゚Д゚)
高波注意
夫婦岩
神社は夫婦岩近くの海岸に建っているものですから、当然海岸では普通以上の風が逆巻いています。体重の重たい私ですら風に飛ばされかねない勢いの風の中、全員が心を一つにしました…。後々バス内で岩田さんが述べた言葉を借りると「参加者全員の有り得ない結束力」が生まれたわけですw
そんな中でも、岩田さんはサービス精神旺盛で海岸沿いで写真用にポーズを決めています。
黄昏る岩田光央
一言添えておきますが、実はこの方、ツアー前日までライブのリハを行い、ツアー後もライブのリハ。しかもちょうど風邪の為に体調激悪の状態で、薬漬けでツアーに参加してるのですよ。すげぇよこのプロ根性。そしてファンへの愛情表現。だからこそ10年間変わらず大好きなんだけどね…!

そんな時の写真その1。
寒そうな岩田光央
あまりの寒さにフードをかぶる寒そうな岩田さんの後ろ姿。体調が心配なところです。

写真その2。
岩田光央と夫婦岩
神社の鳥居から夫婦岩を撮ろうとしたら、岩田さんが見切れた。邪魔すんなYO!wwww

短い散策時間の中、家族へのお土産を買ってバスへ。次は前日に行った内宮近くで昼食です。入り口に掲げられた札を見て一同大爆笑。
2日目昼食札
岩田光て…。誰!!!!!

出された昼食は郷土料理の手こね寿司と、伊勢うどん。
伊勢うどん
…なのですが、朝食をがっつり食べたわりに運動量が少なかったのと、激しい潮風に当てられたのか全く食欲が出なかった…。流石に残すのは忍びなくてうどんだけを必死で胃に収めました。が、これがいけなかった…orz

バスに乗った後は、解散の名古屋駅を目指すのみとなりましたが、胃もたれというか、胸の辺りがムカムカして気分が悪い。基本的にバス酔いしない人間なので、まずバスに酔っての気分の悪さじゃなく、間違いなく食べ過ぎの気持ち悪さだと思いました。岩田さんがバスに来られている時だったので、気を紛らわせるのも兼ねてちゃんと話を聞いていたのですが、途中で岩田さんが1号車に乗り換えをされた辺りでは最不調の状態に陥ってしまい、死んだように睡眠を取りました。
次のSAに立ち寄った頃に目が覚め、雪が舞う中煙草を吸っていたら震えが止まらず、傍に岩田さんが居るにも関わらず全く話が耳に入ってきません。消化を助けそうな温かいお茶を買ってバスに戻りましたが、気分は最悪のままです。隣に座っていたみすぐさんを始め、響さんや美春さんに心配を掛けましたが、お茶を飲んでいたら多少マシになってきて、名古屋駅までの岩田さん最後の搭乗では僅かばかり元気を取り戻しました。

この間、岩田さんはこれからの仕事の情報などをかなり細かく、言える範囲で教えて下さっていましたが、正直上の空で半分も聞き取れていませんでした…orz 最悪すぎる(´Д⊂ヽ

名古屋駅に着き、解散。ミクシィを確認してみたら、以前岩田さんのライブに関してお話が盛り上がりマイミクとなった緋色さんと連絡がとれたので、同室の3人に別れを告げて連絡を取りました。この頃には少し回復していたのもあって、私と緋色さん、彼女のお友達の方々4人の6人で喫茶店へ。念願の緋色さんとお会いできてとても嬉しかったです。緋色さんは醸し出す雰囲気が相方・佳仙にとてもよく似ていて、親近感が湧きましたw 残念ながら他の4人の方々とは喫茶店が混んでいて同じ席になれなかったのですが、緋色さんと積もる話をいろいろと出来たのが良かったです(*´∀`)

実はこの日、親戚と弟が参加している華道展があり、打ち上げを兼ねて食べに行くから18:30にはj京都に戻って来いとの連絡がありました。時間的に厳しくなってきたので、緋色さん達とお別れをして新幹線に飛び乗り、帰路に着きます。新幹線では音楽を聴きながらひたすら寝ました…。目覚めたら京都駅のホームに停まりかけの状態。慌てて荷物を抱えて降り、帰り道をどうしようか迷いました。正直気分が悪くて、3回の乗り換えが待つ電車に乗って帰る気力はもうありません。土産の買い過ぎですっからかんの財布に潤いを取り戻すべく、ATMに寄ってお金を引き落とし、タクシー乗り場へ。

何とか20分弱で家に到着しましたが、家に着いた途端に安心したのか、気が緩んだのか…。急にいろいろなものが込み上げて来て…

…泣いてなんかいませんよ?

吐 き ま し た 。(そっちかよ)

ええ、伊勢うどんを全部、見事なまでに。

全身が冷えていて、仕方なく食べに行く前にシャワーを浴びたのですが、お風呂から上がっても震えは引きません。熱を計ってみたら、37.6℃ありました。

でも約束していたので打ち上げの外食場所に(とりあえず)行った。行った、けど。当たり前のように何も食べられず、頼んだ雑炊も三口で終了。意識朦朧、帰ってすぐ薬を飲んで寝ました…。だって翌日仕事…!テスト範囲終わってないから休めない…!!

これがオチか!オチなのか?!_| ̄|○ il||li


…何とか今は体調も快方に向かっていて、テスト範囲も無事終わりました。明日からはテストになだれ込みです。259メンバーの皆様、その節はご心配をお掛けしました(´Д⊂ヽ

と、いうわけで。長々と語りましたが、これでぼー( ゚ ρ ゚ )ツアーのレポートは終わりですw
長文を読んで下さった皆様、多謝!

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://boredomnote.blog2.fc2.com/tb.php/197-c1d2d65e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<<  | HOME |  >>

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ウタ

U-ta参加コンピ

参加させて頂いております



Twitter

日々の呟き。

ピアプロ

制作曲を公開しています。


ウタP作品集
by ウタP(U-ta)

Tales Weaver

珠玉のBGMから今日の1曲

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。